特別セミナー開催のお知らせ


オレンジテクラボ初主催のセミナーを開催いたします。 ご招待をお送りさせていただいた皆様、ご興味をお持ちの皆様、 ご一報の上、どうぞご参加くださいませ。


【 title 】 国際的な巨大加速器実験の動向と忍び寄る量子情報


【 abstract 】 粒子加速器を用いた素粒子物理実験学は戦後の現代科学を牽引しノーベル賞を量産してきた. そのような栄光の歴史も, 2012年のヒッグス粒子発見を境に陰りが見えてきている. 現在では素粒子以外の分野への加速器応用が盛んである. そのような流れの中で, 本来無関係の分野と思われた量子情報・量子コンピュータが無視できない存在となりつつある. このセミナーでは非専門家に向けた加速器の基本原理, 素粒子物理の基本的考え方, そしてなぜ量子情報がインパクトを持ちうるのかを概観する.


【 講師 】 宮崎 彬 博士(理学) ウプサラ大学 物理・天文学部 FREIA研究所 素粒子物理学実験・超伝導RF・マイクロ波技術・低速超伝導線形加速器建設・検出器・データ取得エレクトロニクス・データ解析


【 場所・日時 】 019年12月26日木曜日 15:00 サーブコープ丸の内トラストタワー本館 〒100-0005 中央区丸の内1-8-3