December 27, 2017

Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

VRの魅力をお伝えします!!

オレンジテクラボで先月からインターンを始めました高木友貴です。

VRの魅力をお伝えする前に、文系の私がAI、Deep Leaningを中心とするIT企業のオレンジテクラボでインターンをするに至った経緯を簡単にお伝えしたいと思います。

 

今年の4月から大学生生活がスタートしましたが、1ヶ月後には大学生活は楽しいけれど先が見えない目標がないと感じその生活に絶望していました。

自分のやりたいことがわからない、私はこの疑問に直面しました。

大学入学前に思い描いていた将来像。実際に大学で勉強を始めてみると思っていたものと違って夢中になることができず、だからと言って新たにのめり込むことのできる分野はありませんでした。

当時やりたかったことはただ1つ。海外に行くことだけでした。そこで夏休みを利用してアメリカに行くことを決め、大学で学ぶ経験ではなく実社会をもっと知りたいという気持ちからアメリカで海外インターンをすることに決めました。アメリカのどの都市に行きたいかは明確に定めていませんでしたが、インターン受け入れ企業との兼ね合いでアメリカの西海岸シリコンバレーに行くこととなりました。平日はインターンをしつつ休日は多岐にわたるMeet upに参加したくさんの人にお話を聞く機会をつくりました。その中で VR会社のCMOとお会いすることができました。彼が見せてくれたVRの映像と話してくれたVRの未来は私が想像していた範囲を超えた新しい世界で非常に魅了されました。そして彼からオレンジテクラボの方を紹介していただき、今回オレンジテクラボでインターンをすることとなりました。

 

 

インターンとして仕事をやる上でまずVRの勉強から始めました。

『60分でわかる! VRビジネス最前線』というVRの入門本を通してVRの知識を学びました。この本はカラーの図解が満載で非常にわかりやすくVRの知識がゼロの人でも読みやすい本となっています。

今回はこの本を読んで私が初めて知ったVRの魅力を皆さんにお伝えしたいと思います。

 

まず皆さんはVRと聞いてどんなイメージを持ちますか?
私のイメージはこうでした。目全体を覆う大きな機械をつけて、そこに現実とは違う映像が流れそれをまるで実体験のように体験できる。

 

実際このイメージも正しいですが今のVRはもっともっと先を行っているんです。

ただ現実と切り離された世界をのぞくことができそれを体験できる以上に、ユーザーの動きをトラッキングしてVRのコンテンツ内容にそれを反映させることもできます。それによりインタラクティブなコミュニケーションが可能なVRも販売されています。

ユーザーの動きをトラッキングする基本的動作はカメラで撮影した映像をもとにユーザーの動きを捉えることです。例えば、コントローラーを持って右手をあげるとカメラがそれを察知してVR内の人物も右手をあげます。

このように一方向の映像だけでなくて双方向的なコミュニケーションが可能なVRも販売されていて、私はそれに非常に大きな魅力を感じました。

SNSの発達で一般市民個人も情報発信の担い手となっている現在双方向的なコミュニケーションは常に要求されていると思います。ユーザーの動きをトラッキングしそれを反映できるVRは現代のコミュニケーション形態に即した非常に魅力的な商品であると感じました。

現時点では値段が高く購入は難しいかもしれませんが是非VRを試す機会をつくってみてください。

 

I will tell you the attractions of VR

 

Hello. My name is Yuki Takagi. I began to work on an internship at "Orange Tech Lab" last month. Before telling the attractions of VR, I would like to tell you why I, having the background in humanities began to work on an internship at IT company "Orange Tech Lab".

 

I started my university school life from this April. My school life was enjoyable, but after one month from the entrance I was not able to find a goal and I was in despair.

I didn't know what I wanted to do. It was the problem that I faced.

I had a future vision before entering the university, but as I started to study at the university, it was different from what I had expected and I was not so attracted. Moreover, I was not able to find another attractive vision.

The only thing I wanted to do at that time was going abroad. Therefore, I decided to go to the United States during the summer vacation. I wanted to get the experience of finding out how the real world works rather than learning at the university. That is the reason why I decided to do my internship abroad. I hadn't decided which city in the United States I wanted to go, but thanks to the company which accepted my internship, I decided my way to Silicon Valley.

During the stay in America, I worked for the internship company on weekdays and I involved in meetups as much as possible to get more opportunities to meet and talk with a lot of people on weekend. Among those, I met the person who is CMO at VR company. I was really attracted by what he talked, because the future of VR was completely a new world and it was beyond my expectations. He introduced the founder of "Orange Tech Lab" to me and decided to do my internship here.

 

I started learning about VR before starting the job.

I got the knowledge about VR through reading the book for beginners “you can find out in 60 minutes! Front lines of VR Business”. This book has a lot of color illustrations and it’s easy for even beginners to understand VR.

Today I would like to convey the attractions of VR that I found from this book.

 

First, what kind of images do you have when you hear the word, “VR”?

My image was as follows. Put a big machine covering the whole eyes, and you can watch the video which are different from the real world as you experience.

In fact, my image is correct. However, the latest VR is way ahead of my image.

 

More than just experiencing the virtual world, you can reflect the motion of users on the content of VR by the user’s movement. It makes possible to communicate interactively.

The basic function of tracking users is to capture the movement of users based on the movie taken by the camera. For example, when a user raise his/her right hand with a controller, the figures in VR also raise his/her right hand through the image of camera.

VR with not only one-way communication but also two-way communication has been released for sales, and I was attracted by this product.

Today due to the development of SNS, even ordinary people can transmit the information and two-way communication seems to be required. VR which get the information about the motion of users are attractive products in that they fit the way of modern communication.

It may be difficult to purchase VR because of its high price, but I recommend you to have an opportunity to try VR. Thank you.

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square