​    AI,Iotプロジェクト実施のための4つの役割

 

 

主な成果:
学際研究の国際学会WMSCI 2017 にて、セッションベストペーパとキーノートアドレス賞受賞
[1] Naofumi Yoshida, Jun Miyazaki: A Multi-Disciplinary Approach of Business Architecture and its Business Intelligence

Applications for IoT Big Data, The 21st World Multi-Conference on Systemics, Cybernetics and Informatics: WMSCI 2017, July 8 – 11, 2017 – Orlando, Florida, USA,  2017.


[2] 宮﨑淳,吉田尚史, ビックデータ分析プロトタイプのためのデータ生成方法と その人事データへの応用, 第8回ソーシャルコンピューティングシンポジウム,2017年6月23日(金),24日(土), 2017.

 

  お問い合わせ

研究開発

・研究活動

 

ビジネス研究については 駒澤大学 Global  Media Studies 学部とOpen Innovation を実施中です。
また、調査研究の事業化を始めております。

http://gmsweb.komazawa-u.ac.jp/Lab/?page_id=235

・開発活動

 

各案件についてCEO,CDO,各顧問を中心として、それぞれ都度プロジェクトを構成し実施しております。
顧問は、海外の顧問を含め、経営、研究、ハードウェア、ソフトウェア、事業開発、メディア開発のそれぞれの精鋭にお願いしております。

公開できる成果については順次公開して参ります。

  お問い合わせ
 

​株式会社オレンジテクラボ

東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館20階

​03-5288-6371

  • Facebook Social Icon
  • Twitterの社会のアイコン